家づくりに大切なことってなんだろう?

こんにちは、鈴村です。

コロナウィルス、、、あらゆる方面で大きな影響をふりまいていますね。
住宅業界でも一部の商品に影響がでています。
「うつらない」「うつさない」共に意識をすることが大事ですね。
弊社でも「マスク着用」「手洗いうがいの徹底」を行っています。
ご来店・ご来場の際はご理解頂きます様お願い致します。
さて、皆さんが実際に「マイホームを建てよう」となった時、大事なことってなんですか?
価格? 性能? デザイン? どれも大切で外せないポイントですよね
弊社の住宅もそうなのですが、一部の工法をのぞいて木造建築は工場製品と違い完成までに多くの人(職人や業者)の手で作られています。

皆さんご存じ「大工さん」や「左官さん」「電気屋さん」
この辺りはイメージしやすいでしょうか、
そのほかには「水道工事」「外壁工事」「屋根工事」「基礎工事」等々 工事を行う多くの人が現場でその技術を発揮して家を作り上げていきます。

家づくりに密接にかかわる職人さん達、「どんな人が大事なマイホームを作ってくれるのだろう?」ここも大事なポイントだと思います。

家づくりに勤勉な方には ”釈迦に説法” であると思いますが、根本であるがゆえに大事なポイントだと思っています。

技術はあって当たり前、フレンズホームの職人さんたちは、私がフレンズホームに入ってからほとんど入れ替わることなく一緒に家づくりに携わってきた人達です。
それは技術や家づくりにかける思い等、信用があり実績があり、決して馴れ合いではない厳しさもある関係だからだと思っています。

職人さんというとどこか気難しくてぶっきらぼうで、、、そんなイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?
フレンズホームの建築現場では、当たり前のことなのですが 基本である「挨拶」が出来ない職人・業者はいません。

038

中には緊張して上手くしゃべれない恥ずかしがり屋の職人さんもいますが(笑)、
お施主様や見学に現場を訪れた方が職人さんにも気軽に質問やお話しをして頂ける。ただの商品でなく建築の途中も楽しんで頂ける。 そんな現場作りをしています。

現場へ見学に来ていただいた際には是非フレンズホームの現場で働く職人もみて頂けたらと思います。。

それではまた